Blog記事一覧 > 今日の健康情報 > 【肘部管症候群】(ちゅうぶかんしょうこうぐん)

【肘部管症候群】(ちゅうぶかんしょうこうぐん)

2018.11.26 | Category: 今日の健康情報

本日のテーマは【肘部管症候群】です。
肘部管症候群とは、肘の後ろ(肘頭の内側)を走る尺骨神経という神経が何らかの影響によって障害(圧迫など)されてしまう疾患です。症状としては薬指、小指、前腕が痺れる、物を摘む時力が入りにくい、ボタンが掛けにくい、などがみられます。

原因は骨折をした後の後遺症(外反肘、内反肘など)、変形性関節症、手の使い過ぎなどが挙げられます。

手指先の感覚が鈍い。手先が痺れて嫌な感じがする。肘を曲げると痺れが出る、又は増強する。など気になる症状がある場合は一度ご相談ください!

かみつま接骨院 中山

当院へのアクセス情報

所在地〒304-0007 茨城県下妻市黒駒1142-2
駐車場20台あり
電話番号0296-44-7857
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日土曜午後・日曜・祝日