Blog記事一覧 > 今日の健康情報 > 【小児の骨折】

【小児の骨折】

2019.02.05 | Category: 今日の健康情報

本日のテーマは【小児の骨折】です。

小児の骨は成人の骨に比べ骨を覆っている膜が厚く柔らかいということが特徴です。
これにより骨折時は大きな変形を起こすことが少なく
さらに元の形に再構築する能力が高いといわれています。
子供のころ骨折したことがある方は怪我をした部位を改めて見ても分かりにくいかと思います。それだけ骨を元通りにする能力が優れているということです。一方、小児の骨は自ら元通りになる能力が優れている反面、骨の過成長(損傷前より骨が長くなる)を起こすこともあります。

骨折した際はその可能性が高いため、元の位置に整復してあげる事が大切です。整復不全によって骨の成長障害が現れたり、変形による神経症状(痺れや痛み)が出現することもあります。小児に限らず、いかに骨折部を元通りに整復するかが大切です。治療を進めていく上では保存的な治療が原則となりますが、将来的に過度の変形が考えられる場合は観血的療法(手術)となることもあります。

お子さんは怪我をしていても元気いっぱいです。治療や固定を嫌がり通院が面倒になることがありますが将来に関わることでもあります。しっかりとした治療を心がけてあげて下さい!

かみつま接骨院 中山

当院へのアクセス情報

所在地〒304-0007 茨城県下妻市黒駒1142-2
駐車場20台あり
電話番号0296-44-7857
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日土曜午後・日曜・祝日