Blog記事一覧 > 今日の健康情報 > 【種子骨痛】(しゅしこつつう)

【種子骨痛】(しゅしこつつう)

2018.12.24 | Category: 今日の健康情報

本日のテーマは【種子骨痛】(しゅしこつつう)です。

まず種子骨という骨について説明すると、手、足、膝関節を構成する腱の内部にある小さな骨で筋肉や腱の機能を高め骨を保護する役割をしています。
人体の中で最も大きい種子骨は膝蓋骨(膝のお皿の骨)で、種子骨痛が起こりやすい部位は足部親指の付け根の関節・足底(足の裏)の部分です。原因はランニングや跳躍などで種子骨に繰り返し小さな外力が加わることにより炎症が起こり疼痛が徐々に出現します。

治療及び防止としては、種子骨の下にパッド、足底挿板などを入れることが有効です。注意点は悪化すると骨折などを引き起こす危険がある為、痛みを発症したら無理をせずに、一度ご相談ください!

かみつま接骨院 中山

当院へのアクセス情報

所在地〒304-0007 茨城県下妻市黒駒1142-2
駐車場20台あり
電話番号0296-44-7857
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日土曜午後・日曜・祝日