Blog記事一覧 > 今日の健康情報 > 【オスグット】膝の成長痛

【オスグット】膝の成長痛

2018.09.13 | Category: 今日の健康情報

本日のテーマは【オスグットシュラッター病】です。
オスグットという病名を聞いたことは多々あると思いますが、どのような原因から起こるのかわかりにくいと思います。
オスグットと言うのは脛骨粗面(膝下の隆起している骨の部分)が引き剥がされて起こる損傷のことを言います。原因の一つとして柔軟性が少ない事が挙げられます。大腿四頭筋という筋肉がかたく、引っ張る力によって負荷が掛かって症状が出ます。大腿四頭筋とは主に膝を伸ばす時に使う筋肉で脛骨粗面という膝の骨に付いています。

この損傷の特徴は思春期のお子さんに多く、その中でもバスケットボールやバレーボールのような跳躍競技をやっている人に好発するとされていますが、身体がかたい子にも多い印象があります。

症状は、脛骨粗面の異常な隆起、圧痛、運動痛を主訴とし、施術法は使いすぎを避けることや大腿四頭筋やハムストリングスのストレッチなどのケアをしっかり行うことです。

かみつま接骨院 中山

当院へのアクセス情報

所在地〒304-0007 茨城県下妻市黒駒1142-2
駐車場20台あり
電話番号0296-44-7857
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日土曜午後・日曜・祝日