Blog記事一覧 > 今日の健康情報 > 【骨折の治癒過程】について

【骨折の治癒過程】について

2019.06.23 | Category: 今日の健康情報

本日のテーマは【骨折の治癒過程】です。

骨折は通常、4つの修復過程を経て治っていきます。
今回はその過程を説明します。

①炎症期
骨折により骨の中の血管が離断されると、出血やリンパ液の遊出により血腫を形成し腫脹が増大します。
この時期に適切な処置することが大切で、その後の治癒過程に大きく関わってきます。

②仮骨形成期
骨折後1週間程で仮骨(新しい骨)形成が始まり、その組織の中に骨細管ができ栄養を供給します。この時期は真の骨組織とは異なり構造が不規則なため、レントゲン写真でははっきりと写りません。

③仮骨硬化期
4週間を過ぎると仮骨は吸収作用と添加作用によって成熟した骨組織になってきます。この時期になってくると明瞭に仮骨が骨折部を覆っている様子がレントゲン写真で確認することができます。骨形成が急速に行われ、さらに炎症反応が消退する時期になります。

④リモデリング期
骨折部を覆っていた硬化仮骨は、患部が回復するともに骨吸収、添加作用が進行して日常生活に有利な形態に順応していきます。この変化を自家矯正といい、自家矯正は数年単位で行われて最終的に整った骨に戻ります。

このように骨折の治癒過程は大きく4段階に分けられ、その時期に応じて適切な処置(患部の固定、物理療法、手技療法、及び生活指導)を受けることが大切です。

かみつま接骨院 中山

当院へのアクセス情報

所在地〒304-0007 茨城県下妻市黒駒1142-2
駐車場20台あり
電話番号0296-44-7857
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日土曜午後・日曜・祝日