Blog記事一覧 > 今日の健康情報 > 【足根骨癒合症】

【足根骨癒合症】

2019.04.07 | Category: 今日の健康情報

本日のテーマは【足根骨癒合症】です。

足根骨癒合症とはスポーツをしている10歳前後の子どもに見られる疾患で、字のごとく、足の骨がくっついてしまっている状態を言います。ですが完全に骨同士がくっついている訳ではなく、軟骨やほかの組織など、骨とは違ったもので癒合していることがほとんどです。奇形などを伴って出生時より癒合が認められるものや、捻挫など怪我をきっかけに発症するケースがあります。
癒合しやすい場所として、足部の踵骨(かかとの骨)と距骨(踵骨の上に乗っている骨)の癒合が最も多いと言われており、ちょうど内くるぶしの下あたりに痛みを訴えたり、患部が出っ張ってきたりします。

症状はスポーツ後の痛みや違和感といったものが多く、初期症状では強い痛みを訴えることが少ない為、軽い捻挫と誤診されやすいので注意が必要です。症状が進行してくると、運動後に強く痛みが出現したり、日常生活で痛みを伴うようになります。

足根骨癒合症は、最初は強い痛みが出るわけではなく分かりずらい疾患です。 運動後、足首に違和感や疲れ、痛みが出て来た場合このような疾患も考えられることを頭に入れて頂き、早めに受診しましょう!

かみつま接骨院 中山

当院へのアクセス情報

所在地〒304-0007 茨城県下妻市黒駒1142-2
駐車場20台あり
電話番号0296-44-7857
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日土曜午後・日曜・祝日