Blog記事一覧 > 今日の健康情報 > 【ガングリオン】

【ガングリオン】

2019.03.12 | Category: 今日の健康情報

本日のテーマは【ガングリオン】です。

ガングリオンとは、手関節(手首)付近に好発する腫瘍のことです。腫瘍といっても悪性ではなく良性の腫瘍です。形は丸い形をしていて、大きさはエンドウ豆ぐらいの大きさから親指頭ぐらいまでの大きさがあり、硬さは柔らかいものから軟骨ぐらいに硬いものもあります。

その発生原因は、手の使用過多や、何らかの衝撃が加わった際に発生するといわれています。中身は、手関節関節包(関節を包む袋のようなもの)の中の滑液だったり、手関節やその付近の脂肪組織などによるものとされており、半透明でゼリー様の粘液が入っています。症状は、出てくる場所にもよりますが、痛みを伴わないものが多く、あっても軽度なもので多くがこのタイプです。しかし、場所が悪かったりすると、神経や周囲の組織を圧迫し、痛みと共にシビレ、違和感を生じる事もあります。

治療は、保存的療法と外科的療法(手術)とがあり、前者の方は患部に綿花などで圧迫を加えたり、指で押し内容物を散らせ減少させるという方法で柔らかければ減少するのは早く硬いと、柔らかくするかとが優先されるので時間がかかってしまいます。外科的療法の場合は、柔らかければ体表から注射器などで吸引し内容を摘出する事ができますが、硬いものだと、切開して摘出するということになります。保存的、外科的どちらにもメリット、デメリットがありますが、柔らかいものの方が治るまでにかかる時間が短くて済みますので、ガングリオンがあることに気付いたら放っておかず、早いうちに治療を受けることをお薦めします。

かみつま接骨院 中山

当院へのアクセス情報

所在地〒304-0007 茨城県下妻市黒駒1142-2
駐車場20台あり
電話番号0296-44-7857
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日土曜午後・日曜・祝日