Blog記事一覧 > 今日の健康情報 > 【有痛性外脛骨】足の痛み

【有痛性外脛骨】足の痛み

2019.07.21 | Category: 今日の健康情報

本日のテーマは【有痛性外頸骨】です。
外頸骨とは過剰骨といわれるもので、本来、身体内になくてもいいとされている骨のことです。その名前の通り過剰(余分)な骨とされています。

発症部位は、足の土踏まずの内側あたりにある舟状骨といわれる骨に痛みが出現し、10~15歳くらいの女性に多く、その原因として運動量の増加や体重の増加で徐々に痛みが出現するといわれています。また偏平足の人に発症が多いのも特徴です。

症状として、運動時の痛みはもちろん、足部の内側(舟状骨部)に隆起が出現し、その部分が圧迫されたり、舟状骨に付着する筋が存在する下腿部をストレッチされると痛みを訴えます。
施術方法は、運動制限を行い患部を安静にすると共に、足部のアーチを補助するテーピング・サポーターなどを使用したりストレッチなどリハビリをすることです。

かみつま接骨院 中山
 

当院へのアクセス情報

所在地〒304-0007 茨城県下妻市黒駒1142-2
駐車場20台あり
電話番号0296-44-7857
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日土曜午後・日曜・祝日